【簡単】ブログ記事タイトルの決め方3ステップ!付け方のコツも紹介

ブログ
スポンサーリンク
悩む人
悩む人

ブログ記事のタイトルなんとなくつけてるけど、いい方法ないかな?アクセスを増やしたい!

こんな悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • ブログ記事のタイトルが大事なたった1つの理由
  • 記事タイトルを決める時のポイント7つ
  • 記事タイトルを決めるステップ3つ

この記事では、ブログ歴1年の僕がブログ記事のタイトルの付け方を解説します。

ブログ初心者は適当に決めがちですが、集客のためにタイトルは超重要です。

ブログにアクセスがないのは、タイトル選びに失敗しているからかもしれません。

この記事の内容を参考にしてタイトルをつけてみてください!

ブログ記事のタイトルが大事なたった1つの理由

ブログ記事のタイトルが大事なのは、SEOに影響するからです。

適切なタイトルを入れないと検索上位を狙うことができません。

SEOについては下記記事で解説しています。

SEOに影響するので、ブログが読まれるかどうかに大きく影響します。

ユーザーは、タイトルを見て記事を読むかどうか判断しているんです。

参照元:検索した時にどういう基準でクリックしますか?

このことから、ユーザーに記事の内容を魅力的に伝える必要があることが分かります。

記事タイトルを決める時のポイント7つ

記事タイトルを決める時に大事な7つのポイントは下記です。

✔︎記事タイトルを決める時のポイント

  • キーワードを入れる
  • 32文字前後にする
  • 記事を読むメリットを入れる
  • 5W1Hを意識する
  • 具体的な数字を入れる
  • 釣りや嘘はつかない

1つずつ解説します。

キーワードを入れる

タイトルには必ずキーワードを入れましょう。

ユーザーはキーワードで記事を探すからです。

例えば、ブログタイトルについて知りたい時は「ブログ タイトル」で探します。

ブログタイトルについて記事を書いても、「ブログ タイトル」を含めないと、いくら良い記事を書いても読んでもらえません。

キーワードは必ず入れましょう。

キーワードについて下記記事で詳しく解説しています。

30文字前後にする

ブログのタイトルは32文字前後にしましょう。

理由は、30文字より多いとタイトルが全て表示されないためです。

✔︎表示される文字数

  • PC:28文字
  • スマホ:33文字

※端末により個人差があります

文字上限を超えると、「…」と表示されてしまいますし、短くても要素をもっと詰め込めるのでもったいないです。

タイトルは30文字前後になるようにしましょう。

記事の内容を伝える

タイトルで記事の内容を伝えましょう。

初心者がやりがちな失敗例として、タイトルと中身がズレていることがあります。

例えば、タイトルは「ブログ タイトル 付け方」なのに、ブログのタイトルの説明をしないということです。

そんなことしないと思うかもしれませんが、よくある失敗なので注意しましょう。

記事を読むメリットを入れる

記事を読むことでユーザーにどういうメリットがあるのかを説明しましょう。

この記事を例に挙げると、ブログのタイトルの付け方が分かるというメリットを説明しています。

悩みを解決するためにユーザーはブログを検索します。

5W1Hを意識する

ブログタイトルには、ブログ記事タイトル向けの5W1Hを入力しましょう。

✔︎5W1H(ブログ記事タイトル向け)とは

  • WHO(誰が)
  • WHOM(誰に)
  • WHAT(何を)
  • WHY(なぜ)
  • WHEN(いつ)
  • HOW(どのように)

例えば、この記事の場合は下記のようになります。

✔︎本記事の5W1H例

  • WHO(歴1年のブロガーが)
  • WHOM(ブログ初心者に)
  • WHAT(ブログのタイトルの決め方を)
  • WHY(ブログを読んでもらうため)
  • WHEN(すぐにできる)
  • HOW(分かりやすく解説)

記事タイトルをつける時は、5W1Hの中から伝えたいことを優先してタイトル付けするイメージです。

特に、「何を」・「なぜ」・「どのように」をメインで伝えると効果的です。

ユーザーに興味を持って読んでもらえるというデータがあるからです。

参照元:バズ部

ブログ記事がどういった要素でできているかを考えましょう。

具体的な数字を入れる

タイトルには数字を入れるようにしましょう。

数字があると説得力が増すからです。

突然ですが、下記2つのタイトルだとどちらが読みたいと思いますか?

  • すぐわかるブログのタイトルの付け方
  • 5分でわかるブログのタイトルの付け方3ステップ

タイトルで伝えたい内容は同じですが、数字があるだけで目を惹きますよね。

釣りや嘘はつかない

誇大広告のようなタイトルはつけないようにしましょう。

信頼を失い、長期的に見ると損するからです。

釣りや嘘が多いブログは、ユーザーに不信感を抱かせてしまい読んでもらえなくなってしまいます。

ブログ記事タイトルを決める3つのステップ

実際に記事タイトルをつける手順3つを紹介します。

✔︎記事タイトルを付ける手順

  • 伝えたいことを明確にする
  • WHATをメインにする
  • 他要素も足して考える

詳細を解説します。

伝えたいことを明確にする

ブログで伝えたい内容を明確にしましょう。

明確にするために、先ほどお伝えした5W1Hにブログの内容を当てはめましょう。

✔︎5W1H(ブログ記事タイトル向け)とは

  • WHO(誰が)
  • WHOM(誰に)
  • WHAT(何を)
  • WHY(なぜ)
  • WHEN(いつ)
  • HOW(どのように)

当てはめたら次のステップに進みましょう!

WHATをメインにする

WHAT(何を)をメインにしてタイトルを付けましょう。

バズ部のデータでも最も反応率が高く、ユーザーが求めていることだからです。

他要素も足して考える

WHATをメインにしたタイトルに、他の要素も足して魅力的なタイトルにしましょう。

✔︎他要素の例

  • 簡単か(初心者向け・未経験でも簡単)
  • 理由や方法(継続できない理由・選ぶ方法)
  • 実績や経験(実際に体験してみた・調理師が解説)
  • 網羅性(商品一覧・全て)

記事タイトルを変更してクリック率(CTR)を改善しよう

ブログ記事をアップして2ヶ月後に、ブログ記事のクリック率(CTR)が低ければ改善しましょう。

クリック率(CTR)の平均値

ブログ記事の順位別の平均クリック率は下記です。

  • 1位 :21.12%
  • 2位 :10.65%
  • 3位 :7.57%
  • 4位 :4.66%
  • 5位 :3.42%
  • 6位 :2.56%
  • 7位 :2.69%
  • 8位 :1.74%
  • 9位 :1.74%
  • 10位:1.64%

例えば、3位なのにクリック率が7.57%を大きく下回っている場合改善の余地があります。

まとめ:魅力的なタイトルでブログのアクセスを伸ばそう!

魅力的なブログ記事のタイトルの付け方を紹介しました。

ブログ記事のタイトルはアクセスのために重要な要素です。

しっかり考察してタイトルをつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました