【地味に儲かる副業22選】あまり知られていない会社にバレずにできる副業を解説

スポンサーリンク

地味に儲かる副業ってある?なんかいい副業ないかな?

こんな悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • 地味に儲かる副業22選
  • 地味に儲かる副業が会社にバレない方法
  • 地味に稼げる副業の注意点

仕事をしているけど、もう少し収入があれば生活が楽になるのにという方もいるのではないでしょうか。あまり知られていない地味に儲かる副業を紹介します。始めることで、月1〜5万円稼げるようになります。

再現性が高くて挑戦しやすい副業をピックアップしたので参考になさってください。

地味に儲かる副業22選

それでは早速地味に儲かる副業を22つ紹介します。

  • ブログ
  • webライター
  • アンケートモニター
  • せどり
  • 隙間時間バイト
  • 商品モニター
  • スキル販売
  • ハンドメイド販売
  • 治験モニター
  • 駐車場貸し出し
  • フードデリバリー
  • 代行業
  • 動画編集
  • ライブ配信
  • セルフバック
  • SNSアフィリエイト
  • 恋愛相談
  • イラストレーター
  • ポイントサイト
  • オンライン秘書
  • 投資信託
  • 不用品販売

それぞれ1つずつ解説していきます。

ブログ

地味に儲かる副業の中で、1番おすすめなのはブログです

誰でもすぐに始められますし、収益化がうまくいくようになれば安定した収入を得られるからです。稼げるようになるまでは時間がかかりますが、ブログ運営をしている中でライティングスキルも身につくので、webライターへの挑戦もしやすくなります。

ブログをやるならブログサービスはWordPressで始めるのがおすすめです。

webライター

webライターはパソコンさえあれば、スキルや資格がなくても始められます

仕事内容は、指示にしたがってライティングするだけなのでそこまで難しくありません。1文字何円といった文字単価での仕事が多く、1,000文字から3,000文字の仕事が多いです。

実績を作っていくことで文字単価を上げて稼いでいくこともできます。

アンケートモニター

アンケートモニターは、アンケートに答えることで稼げるお仕事です

アンケートモニターサイトに登録することで、アンケートが届くようになります。届いたアンケートに回答して獲得したポイントを、電子マネーに変換することができます。アンケートの内容も難しくないので誰でも挑戦できます。

隙間時間にできるので、忙しい人にもおすすめです。

せどり

せどりは、安く仕入れた商品に利益を上乗せして販売することです。

転売とよく間違えられますが別物です。転売は定価で購入した限定商品を定価よりも高く販売することに対し、せどりは、定価よりも安く商品を仕入れて販売することが異なります。違法性のない立派なビジネスです。

特別なスキルは必要ないので誰でも挑戦できます。せどりをすることで、売れる商品を見極める力が身につきます。

隙間時間バイト

隙間時間バイトは、空いた時間にできるバイトのことです。

隙間時間バイト用のサイトやアプリに登録して、隙間時間を設定するだけで空いた時間にお金を稼ぐことができます。

商品モニター

商品モニターは、企業のサンプルや新商品を実際に使ってレビューをする仕事です。

新しいものが好きな人におすすめです。

スキル販売

スキル販売は、自分の持っているスキルに値段をつけて販売することです。

例えば、イラストや占い、プログラミングなど個人が持っているスキルを買ってもらうことです。自分では普通だと思っても、他の人からはお金を払ってでもお願いしたいことがある場合があります。

ハンドメイド販売

ハンドメイド販売は、自分で作った小物やアクセサリーなどを販売することです。

ネットショップを気軽に作成できるようになったので、自分のお店で簡単に売ることができるようになりました。

治験モニター

治験とは、新しい薬の効果を確認するための臨床試験に参加することです。

治験に参加している間は、効果を調査するために守らなければいけないルールが多く、薬の効果を確認するための診察や検査も多くなります。事前に問題ないか確認してから参加するようにしましょう。

駐車場貸し出し

駐車場貸し出しは、空いているスペースや駐車場を臨時駐車場として貸し出すサービスです。

会社に出勤しているときや、休日にお出かけする時など、15分単位で貸し出すことができます。

好きな時に貸し出すだけでお金を稼げるので、スペースがある方は挑戦してみることをおすすめします。

フードデリバリー

フードデリバリーは、アプリやサイトを通して注文された食べ物や飲み物を届けるサービスです。代表的なものに、Uber Eatsがあります。

車がなくても可能です。自転車や徒歩でもできるので運動不足の解消にもなります。1人で黙々と配達するだけなので人間関係に悩むこともありません。休日だけなど好きな時間に働けるのも魅力です。

代行業

代行業は、お客さんが希望することを代行するサービスです。

代行の例は以下です。

  • 家事代行
  • 代理出席
  • 謝罪代行
  • 告白代行
  • 恋人代行
  • 運転代行
  • サプライズ代行
  • 幹事代行
  • 並び代行
  • 場所取り代行
  • SNS運用代行
  • 資料・書類作成代行
  • モーニングコール代行
  • ペット散歩代行

誰でもできることが多いですし、副業から本業へとステップアップすることも可能です。

動画編集

動画編集は人気の副業です。動画市場が伸びているため今後も稼げる可能性が高いです。

副業として初めてクオリティをあげることができれば本業にすることも夢ではありません。

ライブ配信

ライブ配信は有名人じゃなくてもライブ配信アプリで気軽に始められます。

月100万以上稼ぐ人もいると言われており、人気ライバーになることで大きく稼ぐことができます。

ライブ配信の収入源

  • 投げ銭
  • 時給制
  • ボーナス

セルフバック

セルフバックは自己アフィリエイトとも呼ばれ、自分でサービスに登録することで報酬を得られる仕組みのことです。

1度しかできない案件が多いですが、短期間で誰でも簡単に稼ぐことができます。

SNSアフィリエイト

SNSアフィリエイトは、InstagramやTwitterなどのSNSでアフィリエイトを行って稼ぐことです。

普段からSNSを使っている人におすすめの副業です。

恋愛相談

オンライン上で恋愛相談に乗ることで稼げるサービスです。

顔出しは不要なので身バレのリスクも低いです。資格やスキルも不要なので未経験でも気軽に挑戦できます。

恋愛の悩みを解決に導くお手伝いができるのでやりがいがあります。

イラストレーター

イラストが描ける方におすすめなのはイラストレーターです。

アイコンやキャラクター、ロゴデザインなど幅広いお仕事があります。

ポイントサイト

アンケートに回答したり、ゲームをすることでポイントを貯めます。

コツコツと続ける必要があり、大きく稼ぐことはできませんが隙間時間にできるので挑戦しやすいです。

オンライン秘書

オンライン秘書は、企業や個人事業主の業務を代行するサービスです。

メール対応やスケジュール管理などから、経理・人事などその他の雑務をサポートします。

投資信託

投資信託は、投資の専門家が分散投資を行い成果を分配する金融商品のことです。

公務員でもできる副業です。長期的な運用が必要なため、老後や数年後に備えたお金を用意したい方向けの副業です。

不用品販売

不用品販売は、いらなくなったものを売ってお金にすることです。

着無くなった洋服や、やらなくなったゲームなど何でも売ることができます。身の回りの整頓にもなります。

おすすめしない副業

次におすすめしない副業を紹介します。

単価が低すぎるものや、リスクが大きすぎるものは避けましょう。詐欺など犯罪に巻き込まれる可能性があるものもあるので気をつけましょう。

  • FX
  • 不動産投資
  • バイナリーオプション
  • チャットレディ
  • コピペ副業
  • 低単価の仕事
  • ゲームアプリ

副業を始める前の注意点

次に副業を始める前に気をつけておきたいことをご紹介いたします。

会社は副業可能か

会社の就業規則で副業禁止となっていないか確認しておきましょう。副業禁止の会社でバレてしまうと給料が減額されたり、降格などの処分を受ける可能性があります。

就業規則が分からない場合は、上司や人事に確認しましょう。

確定申告が必要ではないか

副業は雑所得となるため、年間20万円を超えると確定申告が必要です。
申告を忘れると、後から税金が加算される場合があるので気をつけましょう。

稼げるまで継続できるか

副業は基本的に継続しないと稼ぐことはできません。コツコツと取り組むことができるか気をつけましょう。

本業に影響がないか

副業で疲れて本業で寝てしまうなど、本業に支障が出てしまうのは本末転倒です。自分の体力と作業時間を考慮し、無理のない範囲で行うようにしましょう。

詐欺などの犯罪でないか

楽に稼げるという謳い文句の怪しいものはしないようにしましょう。怪しいクライアントや仕事をしないように、注意しましょう。

副業が会社にバレない方法

副業が会社にバレない方法を紹介します。

年間20万円を超えないようにする

副業が会社にバレないようにするために、売上は年間20万円までに抑えるようにしましょう。

理由は、年間20万円までであれば税金がかからないためです。申告が不要で住民税の額も増えないので、税金から会社にバレることがなくなります。

年間20万以上超えたら申告する

売上が年間20万円よりも多くなった場合は、普通徴収で確定申告をしましょう。特別徴収を選ぶと、会社の給料から住民税が天引きされるようになるため他の社員と税額が異なりバレてしまいます。

会社の人に話さない

会社の人に副業のことは話さないようにしましょう。

誰から情報が漏れるかも分かりませんし、告発されることで処分を受ける可能性があります。

まとめ

地味に稼げる副業を紹介しました。自分に合った副業を見つけて始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました