ブログに最適な文字数はない?目安はある?文字カウントツールも紹介

ブログ
スポンサーリンク

ブログの文字数って何文字がいいんだろう?長ければ長いほど上位表示されるのかな?

こんな悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

  • ブログに最適な文字数はない
  • 上位表示されている記事が長文な理由
  • SEOのために文字数よりも大切なこと

本記事では、ブログに最適な文字数を紹介します。

結論から言うと、最適な文字数はないです。

どうして最適な文字数がないのかも含めて詳しく解説していきます。

ブログの本文に最適な文字数はない

ブログ本文には最適な文字数はありません。Googleのジョン・ミュラー氏がTwitterとYouTubeで公言しています。

要約すると、文字数が何文字以下だとダメで、何文字以上だと良いという判断基準はないと言っています。

もし文字数が判断基準にあれば、140文字までの制限があるTwitterの投稿が検索上位に入ることがあるのはおかしいですよね。

Googleが評価するのはユーザーファースト

文字数は評価基準ではないことが分かったと思います。そこで、Googleは何を基準に上位表示させているのかというとユーザーファーストです。

読者目線で良質なコンテンツかが重要です。
ユーザーは解決したい悩みがあるから検索します。知りたい情報を提供して悩みを解決することが何よりも大切です。

この記事を例に出すと、ブログの文字数はどれくらいが良いか知りたいという悩みに対して回答をしています。

文字数が少なくても上位表示されることもある

Googleの評価基準を満たすことができれば、文字数が少なくても上位表示することはできます。

例えば、店舗情報や公式サイトは文字数が短くても上位表示されます。

上位表示されている記事が長文な理由

SEOに文字数が影響しないと言っても、実際に検索上位を見ると長文の記事ばかりだと思うかと思います。実はそれには理由があるんです。

長文だから評価されているのではなく、以下の理由があるから上位表示されているんです。

  • 多くの読者のニーズを満たせるから
  • 関連するキーワードを多く盛り込めるから
  • 専門性の高い記事にできるから

多くの読者のニーズを満たせるから

長文になるほど、読者の悩みに対してより詳細に回答することができるようになります。

読者のニーズを満たした結果、長文になるということです。

関連するキーワードを多く盛り込めるから

キーワードを多く盛り込めるということは、多くのユーザーの悩みを解決できるということになります。

そのため、関連するユーザーにアプローチできるためGoogleに評価されるようになります。

専門性の高い記事にできるから

より深い情報まで深掘りして説明することで、長文になります。

細かく説明することで、ユーザーが知りたい悩みを深いところまで解決できるようになるためユーザーが評価していることになります。

SEOのために文字数よりも大切なこと

ここまで紹介してきて、SEOのために文字数よりも大切なことがあることが分かったかと思います。

そこで、SEOのために大切なことを詳しく紹介します。

  • 読者を具体的にイメージする
  • 1つのテーマに特化する
  • 分かりやすい表現にする
  • コピペをしない
  • オリジナリティのある記事にする

1つずつ詳しく解説します。

読者を具体的にイメージする

キーワードで検索するユーザーを具体的にイメージしましょう。

年齢や性別、どういった悩みを持っているのか?など詳細にイメージしましょう。

具体的にイメージすることで、悩みを解決するためにどう言った情報が必要なのかが分かるようになります。

1つのテーマに特化する

一つの記事で紹介するテーマを絞りましょう。

Googleの記事の評価基準の一つに専門性があります。
より一つのものに特化しているコンテンツを評価することになります。

また、ユーザー視点で考えても一つのテーマに絞っている方がよりユーザーの悩みを解決できるコンテンツが揃っていると分かります。

記事のテーマは絞りましょう。

分かりやすい表現にする

コンテンツは分かりやすい表現を使いましょう。
ユーザーは分かりにくいと感じると離脱してしまうためです。

例えば、小学生向けのコンテンツで高校で習うような漢字を使うと理解しにくい内容になってしまいます。

コンテンツを読むユーザー視点で、分かりやすい表現を使用するようにしましょう。

コピペをしない

オリジナルの文章を書きましょう。

コピペコンテンツは検索上位を狙えないためです。
Googleはアプデを繰り返し、コピペコンテンツを見抜けるようになっています。

もしコピペコンテンツと判断された場合、ペナルティとなり検索結果から外される可能性があります。

コピペはしないようにしましょう。

オリジナリティのある記事にする

他の記事にない情報を入れましょう。

ありきたりな記事では評価されないためです。
例えば、あなたが使って率直に思ったことや、あなただけが詳しく知っている専門的な知識などを記事に盛り込むようにしましょう。

そうすることでオリジナリティのある記事になり、Googleから評価されるようになります。

文字数をカウントできるツール

文字数よりも大切なことがあることは分かったと思いますが、文字数をカウントしたいこともあると思います。そこで、文字数をカウントできる便利ツールを3つ紹介します。

Word

使っている人も多いと思いますが、Wordでは、昨日で文字数をカウントできます。

Googleドキュメント

Googleドキュメントでも、文字数をリアルタイムで検索することができます。
便利なので使ったことがない人はぜひ使ってみてください。

文字カウント

ラッコツールズの文字数カウントを使えば、簡単に文字数を把握することができるようになります。

まとめ

 ブログは文字数よりも大切なことがあることが分かったかと思います。

  • 読者を具体的にイメージする
  • 1つのテーマに特化する
  • 分かりやすい表現にする
  • コピペをしない
  • オリジナリティのある記事にする

これ以外にも上位表示させるためには必要なことがあります。

タイトルとURLをコピーしました